外壁の塗装、補修、張り替えリフォーム

外壁は、住まいをイメージする大事な顔。塗装・修理をせずに傷みや汚れを放置すると、家自体も傷んでくるので、しっかりとしたメンテナンスが必要です。適切な時期に塗り替えを行うことによって、建物の寿命をグンと延ばすことができます。

外壁塗装リフォーム施工例松戸市A邸

当社施工例

お安くご提供!お任せください

塗装や張り替えのお値段ってわかにくいものですよね。お家の坪数によって金額も変わってきます。当社は外壁リフォームにも自信をもってお安くご提供いたします。お気軽にお問合わせください。

外装リフォームの流れ 塗装の場合

現場調査 ご希望を伺い、採寸したりします。
お打ち合わせプラン決定 プランを決め、工事予定を組みます。
足場組立・養生 周囲への飛散防止のため、ネットで養生を行います。
洗浄作業 高圧洗浄で汚れを落とします。
下地処理・補修 劣化、破損状況を確認し、補修します。
塗装 下地、中塗り、上塗りの工程を行います。
足場撤去 足場を解体して撤去します。
完成 お客様と一緒にご確認後、お引き渡しとなります。

外壁リフォームの工期

外壁塗装の工期は、足場組から約6~7日です。張り替え工事等の場合は、材料、壁の種類、面積によって日にちが違いますのでぜひご相談ください。

外壁リフォームの工法

塗り替え

外壁メンテナンスの基本は「塗装」です。建物の美観を良くし、劣化の原因から保護し、水の浸入を防ぐ役割があります。防水機能の低下は、柱の腐食や屋内への浸水につながり、様々なトラブルを引き起こしかねません。

塗料を下塗り、中塗り、上塗りで被膜を作り、コーティングしていきます。

タイル以外の外壁の場合、定期的な塗り替えが必要です。外壁にある程度痛みがすでに生じていて、住まい構造部に水の浸入が疑われるような場合、塗り替えではなくサイディング材を使用した外壁リフォームの検討を。

張り替え工法

既存の外壁をはがし、新しく外壁材を張る方法です。下地から外壁を一新することができます。下地や断熱材の状態を直接診断することができるので、安心感があります。シロアリ被害があっても早期発見、補修が可能になります。

重ね張り工法

従来の壁の上に新しく外壁材を張る方法です。処分する廃材が少ないのでコストも節約できます。壁が二重になるため、強度が増し、断熱性・遮音性がアップします。

塗料に関して

塗料の種類

外壁塗料の目安

一般的に外壁に使用される塗料の主な樹脂はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類です。
グレードはアクリル < ウレタン < シリコン < フッ素でフッ素が一番長持ちします。

ポイント

屋根塗装と外壁塗装を併せて施工するのがオススメです

塗装の耐用年数はどちらも同じくらい。どちらも足場を組まなければならないので、屋根塗装と外壁塗装を同時に施工するのが費用の面からいっても経済的です!

チェックポイント

このような症状がありましたら、ぜひご相談ください

  1. 色あせ、汚れ
  2. カビや藻の発生
  3. 塗膜のふくれ・剥がれ
  4. 塗膜のひび割れ・亀裂
  5. コーキングのひび割れ
  6. 壁の剥離
  7. チョーキング現象

※壁を触るとチョークのような白い粉がつく状態