松戸、柏、流山、リフォームなら森のリフォームにお任せください。

松戸市、柏市、流山市を中心とした地域密着型のリフォーム会社です

屋根のタイプとおすすめ機能

屋根工事の種類

塗装工事とは

洗浄し、塗料を塗りなおすことです。一定期間ごとに塗り替えることにより耐久性を維持し、その時に悪い部分だけを直すことも可能なため、屋根の寿命をのばすことができます。また、最近では遮熱・断熱塗料も人気があります。
雨漏りしたり、下地の腐食が進んでいたり、耐震性能に余裕が無い場合は、葺き替えのリフォームを選んだほうがいいでしょう。

葺き替え工事とは

今ある屋根材を撤去して新しい屋根材を乗せる工事です。表面の瓦だけでなく、屋根下地や野地板もメンテナンスすることができますので、屋根全体を健康に保つことができます。また軽い屋根材にリフォームすれば、耐震性をアップさせることもできます。

板金工事とは

スレート系の屋根を止めている板金の工事です。そのままにしておくと雨漏りや木部の腐食の原因となりますので早めにメンテナンスしましょう。

屋根材のタイプ

  • 粘土系屋根材

    瓦系

    日本瓦と洋瓦があります。耐水性、断熱性、遮音性、耐久性などの面で大変優れていますが、重く、コストが比較的高く、割れやすいという欠点もあります。寿命が長く、色落ちもほとんどありません。基本的に塗り替えはできませんので、汚れたら洗うか葺き替えをします。

  • スレート系屋根材

    スレート系

    天然のスレートを使った屋根もありますが、石綿とセメントをミックスして作る石綿スレートが代表的です。(無石綿のものも出ています)軽く、耐熱性に優れ、カラーも豊富です。割れやすい欠点もありますが、差し替えも容易です。代表的なものは「カラーベスト」「コロニアル」など。

  • 金属系屋根材

    金属系

    瓦に比べて軽く、自由な形状に屋根を造ることが出来ます。材料そのものに断熱性能がありませんから、屋根の下の断熱対策は必須ですし、雨音などの防音も考えておく必要があります。また、耐候性の悪い材料などは数年に一度といった塗り替えも必要です。代表的なもの「トタン」「ガルバリウム鋼板」など。

(画像提供:KMEWケイミュー他)
※画像の二次利用、無断転用はご遠慮ください。

おすすめリンク