増築・改築リフォーム

増改築=リフォームとは住まいに対する夢を叶えたり、大切なお家をメンテナンスしたりすることです。
リフォームとは、一般的に増築、改築、改装(模様替え)をすべて含む言葉として、使われています。
住み慣れたお家が新築同様の輝きに!大切なお住まいを「これからも長く」、「快適に暮らす」ために、森のリフォームは、お客様の「こうしたい」を一緒に考え、予算も含めたベストなご提案をいたします。

増築とは

延べ床面積を広くするのが増築です。
敷地に新たに構造物を付け加えたり、1階建てを2階建てにするなど住まいの床面積を増やすことです。

改築とは

床面積を変えずに間取りの変更をともなう工事をすることをいいます。
柱や梁を残したまま構造を大きく変えることはなく、間取り変更や水回りの位置を変えたりすることです。

改装とは

間取りの変更を行なわず、修繕や修理することをいいます。
増改築には建ぺい率や容積率、構造、耐震などの様々な条件がからんできますのでぜひプロのご意見をお聞きください。

リフォームの基礎(建築基準法による制限)

建坪率 敷地面積に対する建築面積(1階の床面積)
容積率 敷地面積に対する建物の総床面積のこと
北側斜線制限 敷地の北側隣地に対する日影被害を少なくする規定。
高さ制限 第一種・第二種低層住居専用地域では、建物の高さを10mまたは12m以下と定めています。
道路斜線制限 前面道路の幅員に1.25または1.5をかけた数字で得られる斜線の範囲内に建物を納めなければなりません。
確認申請とは 床面積が10㎡を超える増築の場合や、防火地域・準防火地域に指定された地域(面積にかかわらず)の増築は役所への届け出が必要です。

※地域によって異なりますが、この上限範囲内での施工となります。
このほかにも、自治体によっては条例で定めていることもあるので、事前に確認してみましょう。

お客様のリフォームのキッカケの声

  • 間取りに不満があったから。
  • 定年後、趣味の部屋を増築して、優雅にくらしたい。
  • 子供が自分の部屋を欲しがっているが、部屋が足りない。
  • ローンがあり、建て替えの予算がない。
  • 雨漏りの修繕をしたい。
  • 住宅設備(キッチン、浴室などの水周り)の取替、補修。
  • 外壁や屋根が汚くなってきた、劣化してきた。
  • 結露を抑えたり、断熱性をアップしたい。
  • 耐震性の強化(補強工事など)。
  • オール電化にしたい。
  • お風呂やキッチンが狭くて使いづらい。
  • 収納を増やしたい。物が散乱して片付かない。
  • 家族の人数が変わった(子供の独立など)。