マンションリフォーム

マンションリフォームとは

自由なプランで自由な間取りへ。
一戸建てに比べて間取りが変更しやすいのがメリットです。ただしマンションリフォームの場合、法律、規約による特有の制限がありますので、注意点と基本的なポイントをご紹介します。大切なお住まいを「これからも長く」、「快適に暮らす」ために森のリフォームは、お客様の「こうしたい」を一緒に考え、予算も含めたベストなご提案を致します。

区分所有法

マンションリフォームには必ずかかわってくる大事な法律です。
マンションは「専有部分」と「共用部分」で構成されています。
簡単にいうと、自分が購入した住戸の内部が「専有部分」、それ以外の部分が「共用部分」 ということになります。リフォームできる範囲は原則として専有部分です。
専有部分は自由にリフォームしていいわけですが、ひとつの建物を大勢で使うマンションでは管理組合によるルール(管理規約)も設けられています。
マンションの構造によっては壁が共用部分のためリフォームできない場合もあります。

共用部分とは

共用部分とは、居住者(区分所有者)全員で所有している部分です。
廊下・階段・エレベータ・玄関ホール、屋上、外観、配管、配線などを指しています。
勝手にリフォームすることはできません。

専有部分とは

専有部分とは所有者戸別の持ち分(区分所有権)です。
一般的には自分が購入した住戸の内部(玄関内側からベランダ手前までの部屋内部)が専有部分となります。
ただし、バルコニー、玄関ドアの交換、サッシのまるごとの交換は専有部分ではありません。
(玄関ドアの内側の塗装やサッシを二重サッシにすることは可能な場合が多い)

管理規約とは

マンション所有者で定めた規約です。所有者は「管理組合」の組合員となります。
管理組合でつくられ、所有者が守らなければならないルールが「管理規定」です。
給排水管、ガス管などが通っている共有のパイプスペースは移動させることはできませんので、キッチンやトイレなど水まわりの設備の場所を移動する際には十分な検討が必要です。
マンションにお住まいの方は、まずは管理規約を読み、管理組合にご相談することをお勧めします。

タイプ別リフォーム

住んでいるマンションのリフォーム 老朽化した設備の交換、間取りの変更、収納力UP、バリアフリー化など
中古マンションを購入してリフォーム 新築に比べて安価で購入。実物や管理状態が確認できてリフォームを行えます。オリジナルプランが可能。
スケルトンリフォーム(間取りからすべて変更) 全て解体し、間取りを新しく作っていくやり方。自由なプランニング、統一感あふれるデザインができます。
所有賃貸マンションリフォーム 時代の変化、人々の価値観の変化にあったリフォームで「集客に困らない」マンションにします。

お客様のリフォームのキッカケの声

  • 間取りに不満があったから。
  • 中古物件を購入し、古い箇所をリフォーム。
  • 好みのインテリアに変えたかった。
  • 設備の使い勝手に不安があったから。
  • 住宅設備が使いづらくなった、古くなった、壊れたから。
  • 古い公団の内装をリフォームするため。
  • 住まいを自分の理想に近づけたかった。
  • マンションの内装はどこも同じようだったので、納得できず。
  • 一日の大半を過ごすLDKを快適な空間にしたい。
  • 中古マンションを購入し、新築のような気持ちで、過ごせるようにするため。
  • 収納スペースをもっと確保したかった。
  • 自宅兼事務所として使用できるように。
  • 駅から近い中古マンションを購入し、リフォームした。

マンションリフォームイメージ

マンションリフォームイメージ1マンションリフォームイメージ2マンションリフォームイメージ3