リフォーム全体編

Q01. 住みながらリフォームはできるのですか?

工事内容にもよりますが、基本的に住みながらのリフォームは可能です。家具を他の部屋に移動したりしながら施工いたします。大がかりなリフォームで生活に支障が出る場合は、仮住まいのご手配をこちらでお手伝い致します。

Q02. リフォームでできないことは?

戸建の場合、お住まいの地域での法規上、色々と制約がでる場合がございます。
増築等に関しては、確認申請が必要な場合もございますので、当社でお調べし、お客様にあったプランをご提案させていただきます。
また、マンションなどの集合住宅は、管理規約が定められているため、規約に従いながらのプランをご提案いたします。
たとえば玄関ドアの外側やサッシやバルコニー、外壁など、「共有部分」とされる場所はリフォームできないことになっております。サッシは内窓を追加設置するなど他の方法もありますのでご相談ください。
キッチンやトイレ等の水回りの大幅な移動は、排水の関係上難しい場合がございます。規約に従いながら、適切なアドバイスをさせて頂きます。

Q03. 新築にするか、リフォームにするか悩んでいます。リフォームの魅力は?

リフォームは使える基礎や柱を利用ながら工事をするので、材料費と人件費を大きく削減することができます。解体費も新築に比べ大幅に安くすみます。なので工期も費用も建て替えの約半額ですむ場合が多いのです。その分、内装や設備機器などの充実に充てられたり、家に想い出や愛着を残すことができるなどが、リフォームの大きな魅力ではないでしょうか。ただリフォームにもデメリットはございます。たとえば、間取りプランに制限が出る場合もありますのでお気軽にご相談ください。

Q04. もし全面リフォームをする場合、仮住まいはどうしたらいいでしょうか?

お手配いたしますのでご安心ください。但し、費用はお客様ご負担となりますのでご了承ください。

Q05. 家具の移動も自分でするのでしょうか?

当社の者がお手伝いいたします。なおピアノや精密機器、壊れやすい物などは専門の業者に依頼することをお勧めいたします。

Q06. 住宅リフォームってどこまでがリフォーム?

お住まいに関することなら全てお任せください。
家のことで「困ったどうしよう」とか、「壊れてしまった」、「家のメンテナンスしたい」、「家を長持ちさせるには」、「家の住み方が変わったから変更したい」、「もっと住みやすくしたい」、「集合住宅のオーナーだけどもっと集客したい」「お庭も手入れしたい」など。お客様のご要望に答えたり、頼りにされることが一番の喜びです。